【歌い納めでした♪】アルジャンメゾン紅梅コンサート

クリスマスの今日、多摩ファミリーシンガーズの子供たちは八王子市の老人ホーム「アルジャンメゾン紅梅」でクリスマスコンサートをさせていただきました。

冬至も過ぎ、日差しの下では暖かさを感じた今日、子供たちは無事に学校の終業式を済ませ、元気に集まりました。

司会の方からご紹介を受け、賛美歌「いざ歌え、いざ祝え」「アヴェ・マリア」を2曲続けて歌い、荘厳な雰囲気でコンサートの幕開けです♪

白いスモッグ姿が賛美歌に色を添えました。

そして、お馴染みの赤い制服姿に着替え、入居者の方に懐かしさを感じていただく歌、「あの町この町」「ゆりかごのうた」を披露しました。

高山先生の呼びかけに、入居者の方々も次々に口ずさんで下さり、会場に一体感がうまれました。

入居者の方もご一緒にどうぞ~♪

皆さんの気持ちがはずんできたところで、サウンドオブミュージックより「ドレミの歌」です♪ たくさんの動きを交えて歌いました。

音階の描かれた看板の裏には・・・

ひっくり返すと「多摩ファミリーシンガーズ」の文字が現れました!

ジュニアクラスの子供たちも、クリスマスメドレーを楽しく歌いました♪

赤い帽子をかぶって嬉しそうです♪

なんと!「アルジャンメゾン紅梅」にはサンタクロースがいました~!!

コンサートも終わりに近づき、灯りを消して「きよしこの夜」を。ペンライトとハンドベルの演出で、クリスマスの夜の雰囲気を出しました。

ジュニアクラスも頑張りました!

最後はヘンデル「メサイヤ」から「ハレルヤコーラス」で盛り上がり、コンサートは終演です。

たくさんの拍手喝采をいただきました♪

多摩ファミリーシンガーズの2017年の締めくくりに、この様な素晴らしいホールでコンサートを開くことができ、「アルジャンメゾン紅梅」の方々に心より感謝いたします。

「また来年、よいお年を~」と子供たちは笑顔で解散いたしました。

2018年も多摩ファミリーシンガーズは子供たちの笑顔とともに活動してまいります。これからも応援よろしくお願いします!

 

 

 

クリスマス慰問コンサート&2017年シンガーズ納め会

多摩ファミリーシンガーズの12月23日といえば、多摩丘陵病院へのクリスマス慰問コンサートです。

素敵な飾りつけをしていただいたホールに子供達は大喜びでした♪

トナカイとサンタさんも一緒に踊ってくれました♪

その後、病室へ「歌のプレゼント」をさせていただきました。

病室に歌をお届けしました♪

患者さんの中には、涙を流して聴いてくださる方もいらして、子供たちも感無量でした。多摩丘陵病院の皆様、子供たちに貴重な場を与えて下さり、本当にありがとうございました!

 

さて、コンサートを終えた子供たち。みんなが心待ちにしていた「クリスマス納め会」へ向かいました~♪

会場を自分たちで飾りつけ、お客様を迎えるためのリハーサルを行い・・・、団長のあいさつでクリスマス会スタートです!!

シンガーズがお世話になっている方々、卒団生が来てくれました。

最初はクリスマスソングを中心に、皆さんへ歌を披露しました。

舞台製作の先生お手製のサンタ帽子をかぶって「オー♪」先生いつも小道具ありがとうございます!

子供たちが歌っていると、入り口からなんとサンタクロースが登場しました!!

「あっ!サンタクロースだ!」 驚きながらも歌い続ける子供たち。

サンタさんがみんなにプレゼントをくれました♪

最後にサンタさんとみんなでパチリ!素敵なプレゼントをありがとう~♪

お披露目会の最後、「ハレルヤコーラス」には卒団生のお姉さん達が飛び入り参加!豪華な演奏となりました。

さすがシンガーズの卒団生!即興でも見事なハーモニーでした♪

そして歌のお披露目が終わった後は~。みんながお待ちかねのお食事タイムです!毎年、みんなで持ち寄ったお料理をお腹いっぱい頂きます。

美味しそうなお料理ばかりで、何を食べようか悩みます!

多摩ファミリーシンガーズのシンボルにちなんだ「パンダ」のケーキやおにぎりも!

美佳先生が手作りのケーキをカットする瞬間、子供たちから歓声が上がりました♪

そして、お腹いっぱいにお食事を楽しんだ後には、子供たちによるパフォーマンス劇の開幕です!

5歳から高校2年生までの子供たちが縦割りで3チームに分かれ、子供たちで脚本作成・演出を行い、皆さんに披露しました。

今年はリュート班が優勝!どの班も高評価で僅差で選ばれました♪

一年間頑張った団員への表彰式です。今年は皆勤賞が二人もいました!

高山先生から表彰状をいただきました。 笑顔が素敵です!

いよいよクリスマス納め会も中盤戦。恒例の「どんぐりコマ回し大会」です!

シンガーズ友の会の方からいただいた手作りのどんぐりコマを回して、誰が一番長く回せるかを競いました。

決勝戦の様子。みんな勝ち残っただけあり接戦です!

どんぐりコマ大会優勝者には、こちらも友の会の方お手製の「松ぼっくりトロフィー」が授与されました!

こんなに大きな松ぼっくりがあるなんて!大切に飾らせて頂きます~♪

つづきまして~、子供たちが大好きな「なんでもバスケット」の時間です。父母の会やOG・来賓の方々も一緒になって盛り上がりました!

最後に残った人には芸を披露してもらいました♪左の二人はお助け隊です。

楽しかった会も終わりに近づき、最後は「きよしこの夜」を歌いながらプレゼント交換をしました。

自分のプレゼントが当たりませんように~。プレゼントが決まるまで曲を3回歌いました…。

盛りだくさんの一日で、心も体もお腹いっぱいになった子供たち。疲れも見せず笑顔で家路につきました。

このような会ができることを幸せに思い、また、関わったすべての方に感謝して、来年も子供たちの笑顔が見られますように願うばかりです。

【ついに動画公開です!】「パンダ物語」

注目

児童合唱団「多摩ファミリーシンガーズ」は今年で創立40種年を迎えました。

指導の高山佳子先生が大好きな、合唱団のシンボルマークでもあります「パンダ」。

このパンダについて高山佳子先生が曲をかかれ、子供たちが長年、歌い継いできました。

特別な時に歌ってきましたこの「パンダ物語」をついに動画公開いたします!

4歳から高校2年生の団員たちが、何度も撮り直しを重ねてついに完成した動画。

途中のペーパークラフト劇も子供たちが行っています。

ぜひ、お楽しみくださいませ。

「パンダ物語」作詞作曲 たま・みゆき(高山佳子)伴奏 堀川法子

 

 

 

 

 

オペラ「カルメン」に出演しました!

12月3日(日) パルテノン多摩 大ホールにて行われました、「たま女声コーラス 45周年記念演奏会」にゲスト出演させて頂きました。

演目はオペラ「カルメン」。

1幕の最初、「子どもたちの合唱」に登場しました。

ラッパが鳴って、衛兵の交代時間になり、子どもたちが集まって来て兵隊の行進の真似をして歌い騒ぎます。【公演プログラムより抜粋】

多摩ファミリーシンガーズのミドルクラス以上の子供たちは、この日のために練習を重ね、前日まで振り付けを細かく修正したりと、とても頑張ってきました。

当日リハーサルの様子。
兵隊の行進の真似をする子供たち。

ラストの全員合唱♪
闘牛士の歌「トレアドール」を熱唱しました。

満員のお客様の前で、練習の成果を存分に発揮できた子供たち。

指揮者の及川貢先生をはじめ、たま女声コーラスの皆様、オペラ歌手の方々、ピアニスト、バイオリニスト、フラメンコダンサーの方々…といった大勢の素晴らしい大人の方々と共演させていただき、子供たちの大変貴重な経験となりました。

この様な場を子供たちに与えてくださり、関係者の皆様方に大変感謝申し上げます。

指揮者の及川貢先生とご一緒に。
ご指導頂き、本当にありがとうございました。

ジュニア入団式&11月・12月お誕生日会

冬晴れの今日、多摩ファミリーシンガーズにあたらしい仲間が“3人”入団しました!
入団式が行われ、みんなの前で一曲、歌を披露してくれました。

一人目は4歳の女の子。
「チューリップ」をかわいらしく歌ってくれました♪

二人目は5歳の女の子。
「線路は続くよどこまでも」を元気いっぱい歌ってくれました♪

そして、最後に小学一年生の男の子が「ありがとうの花」を立派に歌ってくれました♪♪

高山先生から団員の証となる楽譜を渡されて、晴れて多摩ファミリーシンガーズの一員です!


これから、たくさんの歌を一緒にうたっていきましょうね☆彡

さらに、今日は11月と12月のお誕生日会もありました。
高山先生も一緒にお祝いです♪

副団長から代表してプレゼントを渡してもらいました。

全員、プレゼントをもらい大喜びでパチリ!

盛りだくさんな一日となりました♪
今年も残り少なくなってきましたが、子供たちは寒さに負けず、
元気いっぱい歌をうたっています。

新しいお友達が仲間になりました♪

先日、三多摩童謡コンサートを無事に終えた子供たち。

今日からクリスマスソングの練習が始まりました♪

そして、多摩ファミリーシンガーズに小学五年生の女の子が入団しました!

今日はドキドキの入団式。
みんなの前で「夕焼け小焼け」を披露してくれました。

五年生らしく落ち着いた歌声で、最後まで歌い通し立派でした。

みんなも「ようこそお友達」の歌で歓迎しました♪

高山先生から楽譜を手渡され、晴れてシンガーズの仲間入りです!

これからたくさんの歌を一緒に歌って、楽しく過ごしましょう。ご活躍、期待しています!

無事に終演いたしました!!~第31回三多摩童謡ファミリーコンサート~

2017年10月15日(日)、今年で31回目を迎えました
「三多摩童謡ファミリーコンサート」が無事に終演いたしました!

あいにくの雨模様にもかかわらず、たくさんのお客様にご来場いただきまして、
関係者一同、心より御礼申し上げます。

多摩ファミリーシンガーズの子供たちは、前日のリハーサルの疲れも見せず、
元気に本番を迎えられました♪

今日も午前中から、本番直前のリハーサルを入念におこないました。

「今までのゲストとの思い出の歌のコーナー」では、ペギー葉山さんとの
共演を回想しながら、ドレミの歌を再演しました。

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの8枚のプラカードを持った子供たちが、
上手に観客席に文字を見せながら動けるかが最大の見せ場。
何度も何度も、練習を重ねました。

本番前のリハーサルの様子

プラカードを裏返すと別の言葉がありました!

今回のゲストには、オペラ歌手で藤原歌劇団団員の
別府真也さんがお越しくださいました。

実は、多摩ファミリーシンガーズの子供たちは、
藤原歌劇団のオペラに子役として出演させて頂いた時に、
ご一緒させて頂いた事がありました。

その際に、高山佳子先生が別府真也さんの歌唱力に感銘を受けられ、
是非にとゲスト出演を熱望し、今回実現いたしました。

子供たちも別府真也さんのバリトンボイスに圧倒され、影響を受け、
楽屋で真似をして歌う子もいました♪

終演後、別府真也さんとロビーにて。

そして、コンサートは大盛況のうちに幕を閉じ、
子供たちは楽しみにしていた童謡友の会の皆様との打ち上げに
参加させていただきました。

美味しいお料理に舌鼓をうつ子供たち。

童謡友の会の皆様より、温かいメッセージつきのプレゼントを頂いたり、
ジュースや美味しいお料理をご馳走になり、
コンサートの疲れもすっかり吹き飛んだ様子でした。

最後は、子供たちが大好きなナンバー「チキチキバンバン」を
振り付きで披露させて頂き、会場を後にしました。

ゲストの別府真也さんにお礼の歌を披露しました。


最後のチキチキバンバン!ポーズで、別府さんの拍手を頂きました♪

今年も子供たちに最高の思い出を残していただき、高山先生をはじめ、
多摩童謡友の会の皆様、ご関係者の皆様方すべてに感謝の言葉を申し上げます。

来年は10月14日、パルテノン多摩大ホール改修前の
最後のステージが予定されています。

是非、楽しみにお待ちくださいませ!

いよいよ明日本番です!

明日10/15(日)は、子供たちが何日も練習を重ねてきました三多摩童謡ファミリーコンサートの本番です!

今年で第31回となる歴史あるコンサートです。

多摩ファミリーシンガーズの子供たちは今日、何時間にも渡るリハーサルをこなし、明日の本番を楽しみに帰路につきました。

パルテノン多摩 大ホールにて、PM12:45開場、PM1:30開演です。

当日券の販売もございます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております‼

【残り1日です!】多摩ファミリーシンガーズ40周年のあゆみパネル展

9月28日に始まりましたパネル展も、いよいよ残りあと1日となりました。

連日、多摩ファミリーシンガーズに縁のある方や、初めてご覧頂く方など、多くの方がご観覧下さり、大変感謝申し上げます。

さて、この写真。
高山先生とご一緒に写っている方、どなたかおわかりでしょうか?

正解は…
シンガーズ創立メンバーのお一人、多摩のおばあちゃんこと、小林なおさんのお孫様、三浦摩利さんです。
お忙しい中、パネル展に足をお運び下さいました。

「1977年。多摩で初めて木の十字架児童合唱団のような白いスモッグを着た児童合唱団を作って。スモッグはおばあちゃんが寄付するから。多摩のおばあちゃんこと、小林なおさんのその言葉で多摩ファミリーシンガーズはうまれました。」
【高山先生のコメントより抜粋】

40周年の歴史の重みを感じながら、パネル展の最終日を笑顔で迎えたいと思います。

皆様のお越しを心よりお待ちしております‼

【開催中です♪】パネル展「多摩ファミリーシンガーズ40年のあゆみ」

9月28日から始まりました、多摩ファミリーシンガーズ40年のあゆみパネル展。

連日、たくさんのギャラリーの方にお越し頂き、にぎわっています♪

開催期間は10月3日(火)までです!

京王聖蹟桜ヶ丘SC AB館5階連絡ブリッジギャラリーにて、時間は期間中すべて10:00~18:00です。

ぜひ、足をお運びくださいませ!
皆様のお越しを心よりお待ちしております。